葬儀

葬儀とはどういうことなのか?

葬儀という場に出るということはあまり多い事ではないので、どうやって出席するのか、また準備をするものなのか? と意味もよくわからないという方も多いと思います。
家系ごとに葬儀の仕方や方法など様々で、代々受け継がれてきた葬儀の仕方で行うということもあります。

では、葬儀をするということには、どのような意味があるのでしょうか?
葬儀をすることは、亡くなった方を快く天国へ見送るための儀式でもあります。
大切な人との別れの時に、何かをしてあげたいという大切な気持ちも含まれていると思います。

死ということは、受け入れることが難しくどうしても引きずってしまうものですが、きっかけを作ってしっかり決別をしなくてはいけないんです。
その1つとして葬儀を行う事があります。

葬儀で行う火葬(土葬)ということがありますが、自分の目でその場を見る事で別れの意識を強めます。
そして、亡くなった方の霊を成仏させる意味のある葬儀をすることですね。

また、死亡届を提出することがありますが、法制の手続きをすることで今まで生きていた人が、この世の社会からいなくなったという手続きをするということもとても大切ですね。

最近では、価値観の違いや宗教にこだわらない、シンプルな葬儀といったように火葬のみや無宗教形式といった形で亡くなった方を見送るだけの葬儀をする方も増えてきているそうです。

どの葬儀が正しいとか、この葬儀にしなくてはいけないなどと言った内容の葬儀は存在しません。
故人の遺志でもあったり、家系の受け継ぎというものもあったりと考え方には色々あります。

ただ、どのようなパターンでも家族や親族が一緒になって葬儀をおこなうことによって、自分の心に区切りを付けることができるのではないでしょうか。
葬儀をしたから、もう近くにはいない、この世には存在しない人なんだと納得することができると思います。

心の整理をするためにも葬儀は必要なものだと思っています。
その場に立った時のために、家族・親族でしっかり話し合いをするということをおすすめしておきたいです。

Menu