在籍確認 消費者金融・カードローン・キャッシング

在籍確認は会社や自宅にバレるのか?【消費者金融・カードローン編】

在籍確認は会社や自宅にバレるのか?【消費者金融・カードローン】

在籍確認とは?

消費者金融やカードローンからキャッシングを初めてする方にとっては在籍確認というものが何なのかご存知でない方もおられるでしょう。キャッシングをするには必ず審査を受けますが、在籍確認はその審査のうちのひとつであり、申し込みに記入した会社に実際に在籍しているのかを電話で確認することです。

 

基本消費者金融・カードローン会社は無保証人、無担保で利用することができます。これは「信用貸し」といって無保証人、無担保の大きなリスクを負ってでも利用者を信用して貸付してくれるのです。

 

しかし決して誰でも信用してくれるわけではありません。そこで審査というものが重要となってくるわけですね。お金を貸す側からすれば、きちんと収入の見込みがある人のみに貸付をしたいのは当然です。ですからその収入源である勤め先を確認するのは無保証人、無担保で貸付をする以上、当然のことだと言えるでしょう。

 

しかしそうは言っても利用者の立場からすれば、自分の職場にキャッシング会社から電話がかかってくるのはイヤなものですよね。まわりの社員にバレてしまわないだろうかと不安になります。

在籍確認の電話で会社や自宅にバレることはあるのか?

在籍確認が不安な方は大手のキャッシング会社を利用しましょう。大手のキャッシング会社はただ単にお金を貸すだけでなく、その辺の利用者の不安が少しでも軽減するように配慮してくれますので在籍確認の電話をする際には事前の打ち合わせに丁寧に対応してくれると思います。おすすめはオリックス銀行カードローン即日審査です。

 

たとえば、何日の何時にぴったりにかけてきてほしいとか、個人名ではなく役職名で呼び出してほしいとか、また、かけてくる人は男性でなく女性で、といったことまで細かく対応してくれます。

 

実際に在籍確認の電話を経験してみると「こんなものか」と肩の力が抜けるほどあっさりと終わることがほとんどでしょう。まず電話は必ず個人名でかかってきます。間違っても消費者金融会社の名前も出したりは絶対にしません。

 

「佐藤と申しますが、そちらに山田太郎さんおられますか?」といった感じでかかってきます。

 

これならば他の社員が出ても安心ですよね。また実際の会話自体もほとんどなく本人が電話に出た時点で「お勤め先を確認させていただきました。後ほど審査の結果をお伝え致します」という流れになり、返事も「はい。わかりました」などの言葉で終えることができます。

 

これならば周りにいる他の社員にもあやしまれることはまずないでしょう。また本人が電話にでれない場合でも、かわりに出た社員の方が「山田はただいま外出しております」と対応してくれればそれで在籍確認はOKということになります。

 

このように在籍確認は確かにイヤなものですが、借りる側も無保証人、無担保でお金を借りる以上は最低限の義務だと思って受けましょう。実際は簡単に済んでしまうものですし、少しでも不安があればキャッシング会社側に相談をして乗り切りましょう。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングは最高金利が18%と消費者金融と変わらないのは、銀行ローンとして物足りなさを感じます。

 

その上、申込方法はホームページからの申込のみであり、借り入れ方法はホームページからのジャパンネット銀行の口座への振込キャッシンの申請と、提携ATMからの借入の2種類しかなく、返済方法もジャパンネット銀行の口座からの引き落としだけになっています。

 

繰り上げ返済は自由にできますが、ATMから直接ローンに返済することはできません。

 

そして、ネットキャッシングの提携ATMにはコンビニのローソンが無く、しかもATM手数料が初回の利用以外有料となっています。

 

金利の高いことや利便性を考慮すると、他の銀行や消費者金融と比べて利用価値が低いと言わざるを得ません。

 

ところで、口座の無い人はカードローンの契約までに7〜10日が掛かるため即日融資を受けられませんが、口座保有者は即日の借入が可能です。

 

そして、ネットキャッシングには「自動融資」と「振込時自動借入」というサービスがあります。

 

自動融資とは、クレジットカードや公共料金などの引き落とし日に口座の残高が不足していると、ローンから自動的に借入れをして不足分を補填してくれるサービスのことです。

 

振込時自動借入というのは、どこかへお金を振り込む際に口座の残高が振込金額に満たない場合に、同様にローンから不足分を補填してくれるサービスです。

 

振込自動借入が本当に必要なサービスなのか?自動的に借入が増えてしまうデメリットもあることから、慎重に決める必要があると言えます。

 

このことから、ジャパンネット銀行ネットキャッシングの評価としては、消費者金融と同等のローンとなるでしょう。(参考サイト:カードローン審査ラボで比較して借りる!

続きを読む≫ 2014/09/13 00:24:13

借入の事実

消費者金融などの貸金業者は、貸金業法によって規制されていますが、その中に、「借入の事実を契約者以外の第三者に教えることを禁ずる」というのがあります。

 

契約者以外の第三者とは、あくまで契約側から見た第三者になりますので、親だろうと、兄弟だろうと、契約に関係が無い人は第三者になるのです。

 

第三者にならないのは、保証人や、相続人(本人が死亡している場合のみ)となります。

 

要するに、消費者金融会社が、返済等で自宅や会社に電話をかけたとき、本人以外に借入していることを話すことは法律によって禁止されているのです。

 

このことから、消費者金融では在籍確認一つとってみても、絶対にばれないように気を遣っています。

 

在籍以外でも、仮に返済が遅れた場合、本人以外にその旨を教えることは当然禁止となっていますが、基本的には自宅と携帯電話以外には電話することさえも禁止となっているのです。

 

特に勤務先は、正当な理由が無いのにもかかわらず電話することは、貸金業法で禁止となっています。どこまでが正当な理由に当たるかが争点となりますが、仮に、延滞して1週間程度、携帯電話と自宅に電話をかけ、携帯には留守番電話も入れてあるものの、連絡が取れない場合などは、正当な理由に当たると判断されても仕方ないでしょう。

 

このように、貸金業法はかなり規制が厳しく、細かくなっており、借入が自分以外の誰かによって知られることは極めて少ないと言えるのです。(出典:オリックス銀行カードローン審査・口コミ・評判より)

続きを読む≫ 2014/07/14 21:56:14

プロミスの在籍確認

プロミスに申込みしたのは、つい先月ですが、在籍確認が一番不安だったので、直接プロミスに電話して確認したことがあります。

 

誰が、いつ、どんな名前で、どこに電話するのかを具体的に聞いてみました(笑)

 

オペレーターの女性の話では、在籍確認はある程度審査が通った後にするため、はっきりと時間は言えないとのことでしたが、順調に審査が進めば、約40分〜1時間後とのことでした。

 

自分は内勤で電話を取る係りだったので、その時間はちょうど休憩時間になるのですが、わざと、お客さんから電話が入ると言って、昼の休憩時間を替わってもらったのです。

 

約束通りの40分ぐらい経過したとき、何本か電話がなったので、そっこー自分が取ったのですが、どれも仕事の電話で、自分が別の電話に出ているときにかかってくる電話が気になって仕方なかったです。

 

しかし、どれも在籍の電話では無かったようで、1時間を経過するとき、一本の電話が鳴りました。

 

自分「○○会社 総務部です」

 

女性「○○と申しますが、○○さん(自分の名前)はいらっしゃいますか?」

 

自分「○○は私ですが、どのようなご用件でしょうか?」

 

女性「○○さん(フルネーム)で間違いないでしょうか?」

 

自分「間違いありませんが・・。」

 

女性「お仕事中、すみませんでした。プロミスの○○と申します。在籍確認でご連絡させていただきました。ご本人が出られましたので、在籍確認はOKです。審査結果を後ほどご連絡します。」

 

こんな感じの在籍確認でした。全くばれなかったのは、自分が電話に出たからでした(笑)

 

もし、別の人間が電話に出ていれば、「○○は今電話中ですが、どのようなご用件ですか?」ときっと聞いていたと思います。多分、また後で連絡しますとか言って切るのでしょうが、自分以外が出たのなら、多分怪しんでいたかもしれません。

 

このように、プロミスの在籍確認審査では、極力自分が電話にでることでばれずにすみます。今からプロミスに申込みする人はぜひ、参考にしてみてください。

続きを読む≫ 2014/07/14 19:52:14

在籍確認をする女性

在籍確認を気にするのは、消費者金融だけではありません。クレジットカードも、自動車ローンも、銀行カードローンにも、すべてお金を貸す又は、利用するには在籍確認が必要になると思っておいてください。。

 

当然ですが、銀行カードローンも在籍確認があります。保証会社の審査でも在籍確認がありますが、基本的に在籍確認はどちらか1つで済みます。

 

銀行カードローンでは保証会社の審査と、銀行カードローンの審査の2つがあることが有名で、消費者金融と違う点はそこになります。保証会社の審査は約40%〜50%通るのに対し、銀行の審査はそこから約30%程度まで下がります。

 

これが銀行カードローンの審査が厳しいと言われる原因だと思っても良いでしょう。

 

オリックス銀行カードローンに関しては、上限金利が17.8%となっており、その点から見ても審査は若干通りやすいことになっていますが、それはあくまでも銀行カードローンの中であって消費者金融と比べれば審査は当然に厳しくなります。

 

在籍確認は最終的なカードローン審査として行われますが、会社・自宅・携帯に電話があります。心配しなくても、カードローンと分かるような電話はしないので安心してもいいですが、滅多に電話がかからない人は少し怪しまれるかもしれません。

 

しかし、在籍確認が取れなければ借入はできないので、オリックス銀行カードローンの審査についてはこちらを参考にしてみた方が良いでしょう。

続きを読む≫ 2014/07/14 18:05:14

キャッシング会社で行われる在籍確認は通常、拒否することはできません。しかし大手のキャッシング会社でしたら、利用者の立場になり、できる限りの配慮はしてくれますのでまずはあきらめずに相談をしてみましょう。

 

キャッシング会社によっては、在籍確認をする代わりに、給料明細書(直近2か月分)や源泉徴収票、もしくは勤め先の会社が独自に出している免許書のようなもの、これらの書類を提示することができれば避けられる場合もあります。

 

しかし注意しておきたい点は、いくら柔軟に対応してくれる大手のキャッシング会社であっても、あまりにも利用者がかたくなに在籍確認を拒否してくれば、信用できない人物として疑われてしまう場合もありますので気をつけましょう。

どうしても在籍確認を取られたくない人はWEB完結の消費者金融へ!

「どうしても在籍確認は避けたい!絶対にイヤだ!」そんな方は、契約のすべてがWEB上のみで済ますことができるサービスを実施しているキャッシング会社がありますのではじめからそれを利用した方がよいでしょう。

 

このWEB完結サービスというのは、在籍確認はもちろん、申し込み時にかかってくる確認の電話や、利用した明細書が自宅に郵送されることもいっさいありません。在籍確認だけでなく、周りの家族にもバレるのがイヤだという方にはうってつけのサービスだと思います。

 

しかしWEB上のみで契約を完結するために、運転免許証などの本人確認書類の提示はもちろんのこと、勤め先に在籍している証拠として給料明細書や健康保険証の提示も求められますので、それらの諸条件は事前にネットなどで下調べをしっかりしておいてから決断しましょう。

 

どうしても在籍確認がイヤだという方には、自分自身が電話に出ることができないから、という理由もあるかと思います。しかしこれは簡単に解決できる方法があります。

 

電話担当の社員の方にひとこと「クレジット会社の在籍確認があるのでよろしくお願いします」と事前に言っておけばいいのです。クレジットカードでしたら、今では持っていないことのほうが珍しいくらいですし、キャッシング会社に比べればまったく後ろめたさなどもありません。

 

またキャッシング会社側にも事前に、自分自身が電話に出ることができないということ、そしてクレジット会社の在籍確認ということにしている、ということも話しておけばさらに安心してこの在籍確認という問題をクリアすることができるでしょう。

 

また派遣社員の方の場合は、派遣先の会社ではなく、派遣会社自体に電話がかかってきますのでその点を注意しておきましょう。消費者金融やカードローンの審査は在籍確認以外にも多くの審査があります。消費者金融の審査であればこちらで詳しく書かれていますので参考になると思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ