葬儀

葬儀式場を決定する時

今までは、お葬式の事を前もって考えておくなんて、縁起でもない事をするんじゃない、と怒鳴られたかもしれません。
しかし、それが今では普通のことになりつつあるんです。

生前からこんな葬儀にして欲しい、これくらいの費用で葬儀をお願いしたいなど決めている方も多く、それを家族や親族に伝えておくといったパターンも増えていることがわかります。

その中で、最も重要なポイントとなるのが葬儀場選び、そして決定となりますが、式場と言っても色々や種類と場所があるんですね。
自宅や寺院、会館、集会所などがありますが、選ぶ際に一番大切になることは、広さだと思われます。

祭壇が置ける広さがあるということ、会葬者の人数がどれ位で、式場に入る人数を予想できるかということが大きなポイントです。

他には、自宅からの距離や交通の便について、葬儀式場の費用はどれくらい掛かるのかといったところもポイント内に入っています。
その中でも何を優先にするか? ということもとても大切になってきますね。

では、自宅で葬儀をするのと、葬儀式場で葬儀を依頼するのとでは、どのような違いが見られるのでしょうか?
自宅の場合、最後のお別れを生活してきた場所でするということができ、費用が安い。

しかし、家が狭いと葬儀のために必要なものを設置することができない。
火葬場まで移動しなくてはならない、といったことが上げられます。

また、斎場付式場や一般会館での場合は、設備が整っているので負担が少ない。
困ったことがあれば、相談することができる葬儀社があるということ。
しかし、費用もそれなりに掛かってしまいます。

このように様々な内容で葬儀式場を選ぶことができますが、自分たちの条件にあった無理のない葬儀式場を決定して、安らかに眠って頂きたく思います。
家族や親族の方にも大きな負担を抱えることなく、スムーズに葬儀を進めるためにも、葬儀式場はしっかり決めておいて下さい。

Menu