葬儀

エンディングノートって何?

皆さんは「エンディングノート」というものを知っていますか?
名前は聞いたことがあるけど、どうやって使う物なのかは知らないといった方も多いと思います。
何故って、このエンディングノートは自分の最後をまとめて記載して残しておくノートだからです。

詳しく説明すると、もしも自分に万が一のことが起こった時に、伝えておきたい事があったとしたら、何も言えずのままになってしまいますよね。

そうならないためにも、伝えたい内容をまとめておいて、ノートに記載しておくということがエンディングノートになります。
このエンディングノートを書いておくことで、自分が死んでしまっても、意識不明の状態や病気になってしまっても、本人の意思という事でとても大切なものになりますね。

言葉では上手く伝えられなかったことでも、書面なら言えるということもあるかもしれません。
本人の直筆なら、正確な内容を伝えることができそうですね。

エンディングノートには、自分の希望する葬儀の形や方法を伝えることができます。
その他にも介護や臓器提供、遺体相続、有価証券、土地や財産の有無、お墓、家族へのメッセージなど、とても幅広い範囲で内容がまとめることができます。

エンディングノートを書くことで、遺言書よりも簡単に書くことができ、家族への負担も少なくすることができます。

葬儀をする時になった場合、家族が焦らずに葬儀を進行していくこともできます。
遺産状況を伝えることで、後からの家族・親族トラブルを避ける事もできると思います。

このような状況になった時のためにも、とても重要なノートなんだと改めて感じることができました。
最近では、このエンディングノートに関心を持つ方が増えてきているようで、書店やネットから購入する事もできます。

気軽にとまでは言えませんが、このノートを書くことで、自分の死に対しての感情や気持ちを残し、生きている今を大切にしたいという気持ちが増してくると思いますよ。

Menu