葬儀

喪主・身内の服装は何を着るの?

葬儀の時の喪主や身内の服装についてお話したいと思います。
一般的に喪服を着ることでしょう。

女性では、黒や紺のスーツに化粧は自然体で、黒や肌色のストッキングを履き、カバンも黒が基本。
そして、アクセサリーはなるべく付けないように、パール系のネックレス程度にして下さい。

男性も同じように地味な色のスーツで白のシャツです。
黒の靴下と靴、ネクタイ。
そして、ネクタイピンやアクセサリー類は着用しない様にして下さい。

そこで、喪主の方や身内の方はどのような服装をすればいいのでしょうか?
喪主を務める方で男性でも女性でも、最近では洋服の方が増えてきています。

ここで着物を着るべきなのかと悩まれてしまう方もいるのではないでしょうか?
少し前までの葬儀では、喪主の方は着物を着るものだとあたかも決められているかのように、皆さん着ていた様に思われます。
しかし、最近の喪主の方は着物ということにこだわりは持たず、ほぼ五分五分の割合になっていますね。

しかし、最後のお別れの場で喪主として皆さんの前に立つ立場になった時に、自分に対しての心の整理や気持ちを落ち着かせるためにも着物を着てしっかり見送りたいという方もいると思います。

そんな時に、着物を持っていないという方も少なくないのではないでしょうか?
今は、葬儀社で着物をレンタルしてくれる所もあります。
このような形で喪主の方が着物を着用することもできるんですね。

また、身内に服装はと考えると、息子が喪主で着物を着た場合を例えると、上の方から順番に着物を着るか着ないかを決めていくそうです。
この場合は、配偶者と喪主の奥さんの次に長女や次男の奥さん、そして次女や三男の奥さんといった順番で着ていくと良いのではないでしょうか?

とくに決まりという事はありませんので、洋服にするのか和服にするのか決めてから葬儀に参列することをおすすめします。
親族の中には、このようなことに対して細かい指示をする方も稀にいらっしゃるようなので、少し気にしておいた方がいいかもしれませんね。

Menu