葬儀

自分の葬儀を考えておく

事前に自分の葬儀について考えておくといった方が最近とても増えてきているそうです。
家族への負担を少しでも減らし、自分の意志も伝えておける、費用に関しても前もって見積りを立てることができるといったことができるということから、注目されています。

自分の葬儀を考えるということで、周りの人に迷惑を掛ける事なくできないものかと思っている方も多いと思います。
そこで、このようなことに注意して葬儀のことを考えてみてはいかがでしょうか?

余命宣告ということは、家族にとっても本人にとってもとても重要な事になります。
一般的には、医師から家族へ余命を宣告されます。
それを本人へ伝えるか伝えないかは家族の判断となります。

本人に辛い思いをさせてまで医師からの宣告を伝えるべきか、それとも今の状態を隠すことなくはっきりと伝えるべきなのか……。
本当に難しく、家族にとっても悩むところです。
葬儀にとって、大切な意味をもつことになるので家族・本人ともにしっかり理解しておいてください。

他には、葬儀の仕方やお墓について、借金財産の有無、権利契約なども重要になってきます。
代々受け継がれている葬儀の仕方をするのか、それとも個性を活かして色々な形から本人らしさをアピールできる葬儀をする方も多くなってきていますね。

お墓の形についても、散骨や納骨堂、改装などという形があります。
お墓を継続できる跡継ぎがいないというパターンも多いそうで、このようなお墓が最近増えてきているそうですね。

借金や財産の有無に関しても、後から分かって家族や親族に大きな負担やトラブルなどが起こる可能性もあります。
そうなる前に、あらかじめ書面にしておいたり、話をしておいた方が良いと思います。

自分の葬儀を考えるとなると、分からない事も疑問に思う事も出てくるかと思います。
そのような時は葬儀サポートセンターなどに問い合わせをしてみて、アドバイスを受けながら考え直してみてもいいのではないでしょうか。

Menu