葬儀

身内でのお葬式の準備とは?

葬儀を行うことに対して、まだまだ先の話になりそうという場合と、もしかしたら近いかもしれないという場合では、準備も異なってきます。
それは、どういったところに注意したらいいのか、お話したいと思います。

葬儀はまだまだ先のことだから、別に考えなくてもいい、ということでもないんですね。

もしも、万が一何かが起きた時のためにも、ご本人の意見がしっかりと聞ける時に、残された家族や親族に迷惑を掛けないようにと、自分の最後(葬儀)を決めておくといった方が増えてきているみたいです。

事前に葬儀の内容について本人が決めておくということのメリットとしては、大体の費用の見積りができることや自分がやって欲しい方法を伝えておくことができるということですね。
しかし、本人が全て事前に決めておいた内容と家族の気持ちが一致するとは限らないということです。
家族の為にと、事前に葬儀のことに関して調べて意思を伝えておくことはとても意味のあることだと思いますが、家族への負担もあるということを考えておいた方がいいかもしれません。

では、医師からの余命宣告などを受けてしまって、もしかしたら近いうちに葬儀になるかもしれないといった場合には、何をすればいいのか?
あまり行う事のない葬儀なので、焦ってしまうこともあると思いますが、ここは一つ深呼吸をして、冷静な状態で判断していきましょう。

ここで一番大切になることは、病院で亡くなった場合にどの場へ搬送するかを決めておくということですね。
安置場所や葬儀社など色々あるので、ご家族でしっかり話し合っておくことが大切です。

そして、別れの日が来てしまった時、葬儀社との内容確認も終わった段階で、式場や日程など訃報をします。
その時に前もって会社関係・友人・サークルや町内会などの関係を把握しておくと、スムーズに伝える事ができ、伝え忘れということも少なくなると思います。

この様に葬儀の準備をするということは、家族・親族として最後の責任とも言えると思います。
安らかに眠ってもらうためにも、自分への区切りをつけるためにも葬儀はしっかり行うこと、準備をしておいてもらいたいですね。

Menu