葬儀

会葬者としての知識とマナー

会葬者とは、葬儀に参加する人のことを言います。
お葬式に参加したり、行ったりするということは、ほとんどの方があまり経験する事ではないと思っています。
そのため、知識やマナーなど知らないと言った方も多いのではないでしょうか?

そこで、葬儀やお葬式に関しての知識やマナーを分かりやすく解説していきたいと思います。

会葬者の服装は喪服での弔問が一般ではないでしょうか。女性の基本は黒・グレー・濃紺等の地味な色のスーツまたはワンピースが多いと思われますが、露出が大きい服装だけは止めた方がいいでしょう。

素足ではなく、黒や肌色のストッキングを履いて下さい。
そして、化粧や髪型もシンプルに抑えて、アクセサリーも結婚指輪以外は基本的には身に着けない方がいいようですが、パール系のネックレスなどは大丈夫だそうです。

男性の喪服も女性と同じ様に地味な色のスーツ、黒靴下、黒靴、白シャツという服装がいいと思われます。
ネクタイも黒無地が基本で、柄物は避けた方がいいでしょう。
そして、ネクタイピンやアクセサリーなども基本的には避けた方がいいですね。

子供の場合は、学校の制服がある場合はそれを使ってください。
無い場合は男女同じ様に地味な色の服装にして下さい。

次にお香典のお話ですが、御霊前と表書きをすることが基本となっていますが、宗教や宗派によって変わることもあるので注意して下さい。
金額も故人との関係などで変わることもあり、決まりというものはありません。
お気持ちというものもあり、いくらと取り決めをしている地域もあるようです。

数珠に関しては、葬儀に出る方の中に持っている方を多く見る事がありますが、持っていなくても問題はありません。

葬儀の挨拶としては、お悔みの言葉、弔辞や弔電、電話でのあいさつなどがあります。
例はたくさんありますので、言葉を選んで失礼がないような挨拶をして下さい。

会葬者として葬儀に参列する時には、知っておかなくてはいけない常識もあります。
いざその場に立った時に、恥ずかしく失礼のないように前もって心構えしておいてもいいですね。

Menu