葬儀

喪主・喪家の知識

葬儀を進めていくために重大な場に立っているのが「喪主」という役割です。
喪主とは何をするかと言うと、葬儀全般の進行者で弔問を受ける喪家の代表者になります。

主にすることは、葬儀の金銭的なこと、進行の責任者にあたります。
喪主が高齢者という時には、その子供が受けることもあります。
また、葬儀の内容も決めて、供養や納骨、法要の責任者をすることもあります。

ここで1つ、喪主を務める時の服装ですが、着物なのか? 洋服なのか? 悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。
少し前までは、喪主は着物を着るものだと言われていましたが、そのような決まりもなく最近の多くは着物の方はだいぶ減ってきているようです。
割合で言えば五分五分位ですかね。

ですが、しっかりと大切な人を最後まで見届けたいという気持ちがあり、喪主としてきっちり整えたいという方の中には着物を自ら選択する方もいます。
葬儀社でレンタルをしているところもありますので、その時はご確認してみて下さい。
別料金などが発生する場合もあるので注意して下さい。

では、誰が喪主になるのか?というと、法的に誰でなくてはいけないといった決まりはないようです。
故人が生前にこの人が喪主を務めると決めているようならば、自動的にその人になります。

しかし、とくに決まりがないようならば、家族内で話し合いをしてから喪主を決めるといいと思います。
これは一般的な例ですが、配偶者または長男、長女が喪主を務める事が多いと言われています。

基本的にお葬式の形式は自由となっています。
どのような形になったとしても、しっかり家族や兄弟の間で話をしておいて、皆が納得のいく内容で決めておけば、何も問題は起きないと思います。

中途半端な気持ちや内容で決めておくと、後からトラブルの原因になったりする可能性も考えられますので、ここはしっかりと注意しておく場だと思います。
無茶な押し付け合いや無視などは、絶対にしないように心掛けて下さい。

Menu