在籍確認拒否

在籍確認を拒否することはできるのか?

在籍確認を拒否することはできるのか?

キャッシング会社で行われる在籍確認は通常、拒否することはできません。しかし大手のキャッシング会社でしたら、利用者の立場になり、できる限りの配慮はしてくれますのでまずはあきらめずに相談をしてみましょう。

 

キャッシング会社によっては、在籍確認をする代わりに、給料明細書(直近2か月分)や源泉徴収票、もしくは勤め先の会社が独自に出している免許書のようなもの、これらの書類を提示することができれば避けられる場合もあります。

 

しかし注意しておきたい点は、いくら柔軟に対応してくれる大手のキャッシング会社であっても、あまりにも利用者がかたくなに在籍確認を拒否してくれば、信用できない人物として疑われてしまう場合もありますので気をつけましょう。

どうしても在籍確認を取られたくない人はWEB完結の消費者金融へ!

「どうしても在籍確認は避けたい!絶対にイヤだ!」そんな方は、契約のすべてがWEB上のみで済ますことができるサービスを実施しているキャッシング会社がありますのではじめからそれを利用した方がよいでしょう。

 

このWEB完結サービスというのは、在籍確認はもちろん、申し込み時にかかってくる確認の電話や、利用した明細書が自宅に郵送されることもいっさいありません。在籍確認だけでなく、周りの家族にもバレるのがイヤだという方にはうってつけのサービスだと思います。

 

しかしWEB上のみで契約を完結するために、運転免許証などの本人確認書類の提示はもちろんのこと、勤め先に在籍している証拠として給料明細書や健康保険証の提示も求められますので、それらの諸条件は事前にネットなどで下調べをしっかりしておいてから決断しましょう。

 

どうしても在籍確認がイヤだという方には、自分自身が電話に出ることができないから、という理由もあるかと思います。しかしこれは簡単に解決できる方法があります。

 

電話担当の社員の方にひとこと「クレジット会社の在籍確認があるのでよろしくお願いします」と事前に言っておけばいいのです。クレジットカードでしたら、今では持っていないことのほうが珍しいくらいですし、キャッシング会社に比べればまったく後ろめたさなどもありません。

 

またキャッシング会社側にも事前に、自分自身が電話に出ることができないということ、そしてクレジット会社の在籍確認ということにしている、ということも話しておけばさらに安心してこの在籍確認という問題をクリアすることができるでしょう。

 

また派遣社員の方の場合は、派遣先の会社ではなく、派遣会社自体に電話がかかってきますのでその点を注意しておきましょう。消費者金融やカードローンの審査は在籍確認以外にも多くの審査があります。消費者金融の審査であればこちらで詳しく書かれていますので参考になると思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ